ネットで

女性の横顔class=

歯を清潔にしないとかかってしまう疾患は虫歯だけではなく、歯周病もあります。
歯周病の原因は、基本的には歯垢などを除去しきれない状態で生活を続けることです。
つまり、歯を不潔にしていると歯周病になってしまう可能性があるわけです。
なので、歯周病を予防するためには歯を綺麗にするというのが大事になります。
毎日、歯みがきをしているから問題ないということはありません。
というのは、歯ブラシを利用しての歯みがきだけでは、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を取り切れないからです。
また、前歯の見えるところは綺麗にするけど、奥歯は見えないから雑に磨いてしまうという場合も歯垢が残りやすいです。
なので、歯ブラシを使っての歯みがきだけに頼るのではなく、他の方法も駆使して歯を清潔にするということが歯周病予防の基本になります。

では、歯みがきと組み合わせた方がいい歯の掃除の仕方にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、古くから行われている方法として、爪楊枝で歯と歯の間の食べかすを掻き出したり、あるいは歯についた歯垢を取るというものがあります。
しかし、爪楊枝ですべての歯を綺麗にするというのはあまりいいことではありません。
なぜかというと、爪楊枝は先がとがっているために、歯茎を傷つけやすいからです。
なので、歯間ブラシを使った方がいいでしょう。
歯間ブラシの一例として、プラスチックの柄に糸が張られているものがあります。
この糸を歯と歯の間にはさんでこすることで、食べかすや歯垢を取ることが出来ます。
糸は材質的に歯茎を傷つけることがないので爪楊枝よりも安全性が高いです。