汚れについて

歯科の椅子class=

歯科治療というと、虫歯、歯周病治療といったものが主です。
最近では、歯並び矯正、入れ歯、ホワイトニングなどもあります。
医療福祉で歯科も医療保険が利用可能な場所です。
しかし、治療法の一部には医療保険外のものもあります。
虫歯、歯周病、入れ歯などは基本的に医療保険が適応されるため、治療費の3割を負担します。
しかし、歯並び矯正、ホワイトニングなどは保険外であるため、自己負担額が高額になります。
最近では、歯並び矯正をする子ども、成人も増えてきました。
歯科によって金額も異なりますが、30万円から60万円程度の金額が必要となります。
また歯の黄ばみをなくし真っ白な歯にするホワイトニングも人気ですが、5万円から10万円ほどの費用が必要となります。

歯科で行われてるホワイトニングの歴史や変遷ですが、それは1989年にアメリカで行われ始めました。
歯を削ることなく、歯の表面の黄ばみをなくし真っ白な歯にするというものは大変人気が出ました。
日本には1995年にホワイトニングのワロンが初めてできたと言われています。
現在アメリカでは、100種類以上のホワイトニング剤や器具が存在しているのですが、日本では2種類のホワイトニング剤しか許可されていないということです。
日本では現在、歯科で行われるものは5万円から10万円であり、家で自分で行うものは3万円程度となっています。
歯は食事などに関わる大事な部位であるため、歯科医師の判断に基づいてそれらの治療を行うことが大切とされています。